浄土真宗 親鸞会 三河・知多
      トップ人生の目的仏教講座法話のご案内お問い合わせリンク集

 お釈迦さま
 「天上天下 唯我独尊」の御心

 

 仏教で「まつり」と言えば、4月8日の「はなまつり」です。地球上でいちばん偉大なお釈迦さまの誕生日として、知られています。

 今日、仏教といえば、だれかが死んだ時ぐらいにしか、用事のないものになってはいないでしょうか。
 それは、お釈迦さまの教えではありません。

 では、お釈迦さまは、何を教えられた方なのでしょうか。それを知ることが大切です。
 世界に宗教はあまたあれど、最高無上の教えを、釈迦牟尼世尊のご生誕のエピソードから聞きましょう。

 

 

 お釈迦さまが、生誕された時の、こんな話があります。

 約2600年前、ルンビニーという花園でお生まれになった釈尊は、東西南北に七歩ずつ歩かれて、右の手で天を、左の手で地をさし、
「天上天下 唯我独尊」
とおっしゃったと伝えられています。

 いくらお釈迦さまでも、お生まれになってすぐに歩いて話をされたとは信じられない、と思われますが、この話を通して、何を明らかにされているのでしょうか。

 多くの人は、「この世でいちばん偉くて尊いのは、この釈迦である」と、釈尊が威張られた言葉のように誤解しています。
 他人の意見にあまり耳を貸さない人を見て、「唯我独尊的な人だ」と言うように。

 しかし、世界の偉人のトップに挙げられるお釈迦さまが、そのような傲慢なことをおっしゃるはずはありません。
「実るほど
   頭を下げる稲穂かな」
「下がるほど
   人の見上ぐる藤の花」
とも歌われるように、尊敬される人は謙虚なものです。

「我」とは、釈尊ご自身ではなく、「私たち」一人一人のことです。「独尊」とは、「たった一つの尊い使命がある」という意味です。

「天上天下 唯我独尊」
とは、「天の上にも天の下にも、(大宇宙広しといえども)、人間に生まれなければできない、たった一つの尊い使命がある」と教えられたお言葉なのです。

 万人に共通の人生の目的が、たった一つあるぞ、と釈尊が一大宣言なされているのです。

 

>次 生き方はいろいろある